エビデンスの森

CMECジャーナルクラブ非公式ガイド

65歳以上のインフルエンザワクチン

 さて、小児、成人と見てきましたが、いよいよ65歳以上です。

 ほとんど同じ構造となっていますので、さすがに見慣れたのではないでしょうか。CMECジャーナルクラブでは、インフルエンザワクチン、65歳以上のコンテンツはひとつのみです。

f:id:cmecjc:20131206232603p:plain

 

 今回のアウトカムは、インフルエンザの発症、インフルエンザ様疾患、死亡の3つになっています。高齢者になると、死亡のアウトカムは特に重要になってきます。

 

 結果はこちら。

f:id:cmecjc:20131206233256p:plain

 

 65歳以上でも、インフルエンザの発症(3研究の統合)は58%少なく、インフルエンザ様疾患(4研究の統合)は41%少ないという結果になっています。

 

ワクチンで死亡は予防できるか?

 

 死亡(全ての原因)については1研究のみとなっています。症例数自体が少なく(分母が3人 対 1人)、そもそも1研究のみではメタ分析とはいえませんが、ランダム化比較試験についてはほとんどない、ということがわかります。

 

 唯一の研究結果はオッズ比1.02、95%信頼区間は0.11~9.72となっています。やはりこれだけでは、なんともいえません。

 

 ランダム化比較試験がこれだけしかなければ、観察研究をたどっていくしかありませんが、残念ながらCMECジャーナルクラブの採用基準をこえてしまいます。

 これからの研究を待ちたいと思います。

 

まとめ

  • メタ分析からはすべての年代において、ワクチン接種によりインフルエンザ発症は60%程度、インフルエンザ様症状では20~40%程度少なくなる。
  • ワクチン接種で高齢者の死亡が予防できるかどうかは、まだ質の高い知見は十分ではなく結論づけることはできない。

 

CMECジャーナルクラブ・CMEC-TVはこちらです。

f:id:cmecjc:20130315073855p:plain

会員登録してみよう - エビデンスの森

閲覧購読サービスをはじめるには? - エビデンスの森

 

広告を非表示にする